子どもなら抜歯しないで矯正できる|矯正歯科で床矯正をしよう

歯医者

矯正の方法を知る

歯医者

かみ合わせが悪いと健康や見た目に影響が出ます。それを治したいのであれば横浜で矯正治療のできる歯医者さんを探しましょう。ブラケット矯正や裏側矯正、マウスピースを使う方法で治療してくれます。

詳細

被せ物の素材を変える

顔

虫歯治療で使う銀歯は長いこと使うと劣化してしまいます。また、見た目もよくありません。練馬区の歯医者さんでは銀歯の代わりにセラミックスやハイブリッドセラミックスを使うこともできるのです。

詳細

顎の成長に合わせる

歯型

歯の並びが悪い場合、子どもの頃から矯正を行なった方がいいといわれています。矯正というのは歯科治療の一つで、特殊な器具や方法を使って歯並びを整えるということです。なぜ、子どもの頃からがいいのかというと顎の成長に合わせて治療を進めることができるからです。歯の凸凹を綺麗に治すためには、顎の骨に合わせて綺麗に歯を収める必要があります。しかし、顎の骨が小さいと歯が収まりきらず歪んでしまうのです。そこで、府中にある矯正歯科では子どもの歯を矯正するときに床矯正を行なっています。床矯正というのは入れ歯のような形の器具で、歯並びと顎を一緒に矯正することができるものなのです。これを使うことで成長中の顎を広げることができます。顎が広がれば歯が綺麗に収まるので抜歯せずに治療をすることができるのです。子どもの歯並びを気にしているという人は床矯正のできる矯正歯科を府中で探しましょう。

顎の成長が止まってしまった大人の場合は矯正をすることができないのでしょうか。府中やその付近にある矯正歯科では、成人の矯正治療も行なっています。軽度な歯の歪みであれば大人の場合も抜歯することなく矯正できるのですが、重度の場合は抜歯が必要になるでしょう。府中のほとんどの矯正歯科で用いられているのがワイヤーを使ったブラケット矯正です。ブラケット矯正で歯が顎に収まりきらないという場合は上下の歯を2本ずつ抜くことになるでしょう。そうやって歯の本数を減らすことで残りの歯を顎に収めるのです。

色を分解して落とす方法

わらい顔

自分の歯を見てその色の不満を感じる人は多いでしょう。そんなときは新宿の歯科でデュアルホワイトニングを行なうといいでしょう。即効性と持続性のある両方の方法を同時に行なうホワイトニング方法です。

詳細